エアウィーブ

宿泊費用の節約やペットと一緒の旅行など、ホテルや旅館に泊まらず、車の中でアウトドアを楽しむ方もいると思います。

また、長期の出張でホテル暮らしが長くなる方は、ベッドマットの硬さも心配になります。

腰痛持ちの方であれば、できるだけ高反発のマットで休みたいものです。

そのような方たちのために、携帯できる高反発マットレスを探してみました。

携帯できる高反発マットレスの特徴

携帯用のマットレスは、軽くて厚さがあまりなく、くるくると丸めたり折りたたむことができて、専用のキャリーバックで持ち運びができるという特徴があります。

一般的に、高反発のマットレスは重くて折りたたむのがむずかしいことがデメリットになっています。

このデメリットがあると、出張のお供として連れて行くことはとてもむずかしくなるでしょう。

携帯用のマットレスは軽くて使いやすいのですが、薄いので、体が床についてしまうという困った点もあります。

高反発マットレスの重い理由のひとつに、厚さががあるという特徴があります。
ある程度の厚さがあるマットレスであれば、横向きに寝たときでも、肩や腰が沈み込んで床につくことはありません。

しかし、厚さが3センチ程度しかないマットレスでは、いくら高反発であると言っても、肩や腰の重みで床まで沈み込む可能性があります。

携帯用の高反発マットレスは、あくまでも携帯用として考えて、普段使いはできないと思っておいたほうがよいでしょう。

それでは、携帯用のマットレスとしておすすめの、エアウィーヴ社の商品をご紹介します。

エアウィーヴ ポータブル高反発マットレスの口コミ・評価

評価○ 30代男性
休みになるとひとりで車で出かけて、適当なところで車を止めて、車中泊をします。
初めは家から布団を積んで出かけていましたが、最近、携帯用のマットレスを買って、車の中に置きっぱなしにしています。
寒いときは、その上に寝袋を置いて休んでいます。
1日中座って運転をして、腰が痛くなることが多いので、高反発のマットがあるとありがたいです。

 

評価○ 50代男性
トラックの運転手ですが、夜サービスエリアで仮眠をとるときに、後ろの座席にマットを敷いて寝ています。
幅の細いマットを買ったので、狭いシートでも使うことができます。
夜中まで運転をしている中で、たった数時間の仮眠であっても、寝心地のよい環境になったので、目が覚めた時に疲れがなくなっていることがよいと思います。

 

評価○ 40代男性
2か月に一度くらい、1,000キロ離れた支店まで出張で出掛けます。
今までは明け方近くまで運転をして、そのままシートを倒して寝ていたのですが、携帯用の高反発マットレスを買ったので、うしろで足を伸ばしてまっすぐ寝ることができるようになりました。
また、ホテルでもマットレスをそのままベッドの上に乗せて使うことができるので、腰痛持ちの私にとってはありがたいです。

 

評価△ 20代男性
車の中で使っていますが、寝具にこだわらなければ、家にある普通のマットでも変わりはないかなと思います。
ただ、高反発のマットだと起きた時に体が痛くならないから、その点ではよいと思います。

 

評価× 30代男性
キャンプ用にと思い購入しましたが、薄くて、地面の小石がどこにあるのかがわかるくらいです。
ちょっと期待をして買ったので、がっかりしています。
仕方がないので、家で普通の布団の上に敷いて使っています。

 

エアウィーヴの特徴

エアウィーヴは、ウレタンのマットレスを使わず、復元性が高いairfiberを使用しています。
そのため、自然に寝返りを打つことができるのだそうです。

また、airfiberが寝ている間に肩や腰にかかる負担を全身に分散するため、起きたときに体が痛くなることもないということです。

さらにairfiberは通気性がよいため、夏でも蒸れることがありません。

その反対に、airfiberは断熱素材でできているので、冬になると暖かい空気を保つことができるという特徴があるそうです。

エアウィーヴの中で、携帯ができる最も人気の商品は、エアウィーヴ エアパッド 016で、幅が50センチで、4つにたたんでキャリーバックに収納することができます。

汚れたらそのまま全部を洗うことができるので、アウトドアでも最適のようですね。

まとめ

もともとアウトドアがお好きな方や、宿泊費用を節約したい方にとっては、高反発のマットレスを車の中に常時置いておくと、とても便利だと思います。

また、仕事の都合で車の中で仮眠をとる方にとっても、手足を伸ばしてゆっくり休むことができるので、目覚めたときの疲れや身体の痛みを感じることがないと思います。

値段も、2~3回安いホテルで泊まったときの料金と同じくらいなので、一枚車に積み込んでおいてもよいのではないかと思います。