高反発マットレスの値段

いざ高反発マットレスを購入しようと思っても、ピンからキリまであます。

いったいどのくらいの値段のものを購入すればよいのでしょうか?

できれば、一度買ったら長く使いたいものです。

そこでここでは、失敗しない範囲の高反発マットレスの価格について考えていこうと思います。

誰でも知っている布団メーカーやベッドメーカーでは、商品開発にかなりの経費をつぎ込み、全国的に大々的に宣伝をするため、値段の比較が難しくなります。

そこで、今回は有名メーカーの商品ははずして考えてみます。

有名メーカーの商品の購入を検討している方は、街の大きな寝具店やデパートで購入するのが一番よいと思います。

ここでは、大々的な宣伝はしていなくても、マットレス業界の中では知名度がある商品について値段を比較していくことにします。

高反発マットレスの値段の幅

調べてみると高反発マットレスは、3,000円台から140,000円台まであります。

どんな商品でも同じですが、外側からでは同じように見えるものでも、使われている材料や製造している国などによって、値段は大きく違ってきます。

私たちは、それらをすべて納得の上で、自分が適正だと思える値段の商品を購入しています。

あるネットショッピングサイトにおいて、シングルサイズの高反発マットレスは、送料無料の3,000円台から、高いものになると140,000円台のものまであります。

この中で、適正価格のマットレスを探すのはなかなか困難を伴います。

なぜなら、私たちは高反発マットレスというものの標準価格を知らないことと、どのような点に注意をして購入すべきかということが全然わからないからです。

そのため、人気ランキングの上位のものを選んでしまったり、できるだけ安いものに飛びついてしまうことになります。

高反発マットレスの選び方から処分の仕方まではこちらのページを参考にしてください。

 

高反発マットレス1枚を販売するためにかかる値段

まずは、高反発マットレスを作って売るまでの過程で、どこにお金がかかるのかを考えてみましょう。

とりあえず、人件費は考えないことにします。

○まず一番重要な材料は、高反発マットレスの中に入っているウレタンやらなにやらです。
これは、ウレタンの質によって値段が大幅に変わってくると思います。
○マットを包むための布製カバー。
○梱包用の費用。
○中国産であれば、中国から日本への送料や関税。
○販売するとき、送料無料を目玉としている商品は、最低でも1,000円以上の送料を負担していると思います。
○大手ショッピングサイトでの販売の場合、高反発マットレスが1枚売れると、運営会社に10%以上の手数料を支払うことになります。
これにさまざまな過程における人件費や、マットを保管しておく場所代などもかかります。

ネット販売においてはシロウトの筆者が考えただけでも、1枚の高反発マット販売までに、最低これだけの金額がかかることになります。

そのため、高反発のマットレスを送料無料にして5,000円以内で売るとなると、一体原価はいくらなのだろうかと首をかしげたくなります。

5,000円以下では、もはや商売ではなく、ボランティアとしか思えません。
激安で高反発マットレスを販売するためには、どうしてもウレタンと布製カバーの質で勝負をしなければならなくなります。

皆さんは、ここからどんなことを思うでしょうか。

 

適正な高反発マットレスとは

高反発マットレスとは、文字通り反発力が高いマットレスのことを言います。

反発力が高いと、寝返りを打つときにマットレス自体がポンとはね返るので、楽に体の位置を変えることができます。

また、寝ている間には、頭のほかに肩や腰(おしり)に大きな力がかかります。
肩や腰に大きな力がかかると、その部分だけがマットレスや布団に沈み込み、寝ている時の姿勢がまっすぐにならなくなります。

高反発マットレスは、肩や腰にかかる圧力を、全身に均等に分散することができます。

そのため、マットレスに使われているウレタンの質がとても重要になります。

高反発マットレスを選ぶときの基準に、「D」という単位が出てきます。
激安のマットレスでも、「安心の30D以上」などと書かれているものもありますが、このDとは、一体何の単位なのでしょうか。

○「D」は密度の単位「D」とは、密度の単位になります。密度は単位面積あたりの重さになり、同じ大きさのものであっても、重いほど密度が大きくなります。

密度の数値が低いと、マットレスのおしりの部分がすぐにへたってしまい、ひんぱんに買い換えなければならなくなります。

おすすめできる高反発マットレスの密度は、30D以上のものになります。

ところが、高い数値を出すために、ウレタンに詰め物をして重量をかせいでいるマットレスもあります。

高反発マットレスを購入する時には、公式サイトをじっくり見て、外部の専門機関によって密度をしっかりと出している商品を購入すれば、間違いはないと思います。

高反発マットレスの具体的な選び方については、こちらのページを参考にしてください。

高反発マットレスの適正な価格

高反発マットレスの適正な値段は、シングルで20,000円から40,000円くらいまでではないかと思います。

厚みが薄いものであれば、10,000円クラスのものでも大丈夫だと思います。

高反発マットレスを購入する時には、マットレスを敷く環境によって、「厚さ」と「密度」を基準にして検討するとよいと思います。

畳や床に直接マットレスを置きたいと思っている方は、厚さ5センチではかえって腰が痛くなってしまいます。できれば、10センチ以上のものを選ぶとよいでしょう。

もともとあるベッドの上にマットレスを置く方は、5センチくらいのものでも十分です。

これらのことを考慮すると、薄い高反発マットレスは10,000円以上のものを選べば安心だと思います。

同じ密度でも、送料無料であったり、数十日間の返品保証がついていたりすると、値段が少し高くなります。

よい高反発マットレスも選ぶには、20,000円から40,000円くらいまでのものがよいのではないでしょうか。

このくらいの値段のマットレスであれば、間違いなく10年以上使い続けることができると思います。

高反発マットレスの種類についてはこちらを参考にしてください。

まとめ

どのような商品にも、安いものから超高級品まであります。

その中には、激安の粗悪品もあれば、高級感だけを出しているぼったくりのような商品もあります。

高反発マットレスは、じょうずに選べば10年以上使うことができます。

また、気になる腰痛に関しても、よい高反発マットレスの条件は、朝起きたときの腰の痛みを緩和することができるかどうかというところにあります。

ネットショッピングなどで、「激安」や「送料無料」や「期間限定」などの言葉に惑わされず、良い商品を選びましょう。